Posts Tagged ‘適性’

人の上に立つ上での心構えが必要です

 どういった分野の仕事でも人の上に立つ管理職の立場になるためには、いろいろな能力が必要になります。システムエンジニアにおいても同様に管理職になるための適性が求められます。

 システムエンジニアの主な仕事でもあるソフトウェアの開発などは、複数の人間が協力して作り上げるチーム作業です。みんなで一つの作品を作り上げるためには、個人が持つ能力だけでなくチームワークも必要になります。どんなに優れた人間が集まっていても、コミュニケーションが取れずにバラバラに動いていては一つの作品を作り上げることはできません。管理職はそれぞれの能力を見極めて適性な仕事の配置を行うだけでなく、円滑な人間関係を築く能力が必要です。

 システムエンジニアはクライアントと打ち合わせを行いながら仕事を進めていきますが、中にはハッキリとしたビジョンを持っていないクライアントもいます。そのため、管理職はこういった人に仕事の成果について理解をしてもらうためのプレゼンの能力も持っていなくてはいけません。
また、開発の途中で急な変更を求めてくるクライアントも少なくないため、臨機応変な対応力も管理職には必須と言えます。

 最後に自身の仕事についてです。例え部下をまとめる管理職の立場であっても、指示をするだけでなく自身も率先してエンジニアとして仕事をこなして行かなくてはなりません。IT業界の進歩は目覚しく常に進化を続けている分野であることから、さまざまなことに目を向けて日々向上心を持って勉強をすることが管理職として求められます。