Posts Tagged ‘忙しさ’

忙しさを感じるポイントとは

 システムエンジニアの管理職が忙しさを感じるポイントの1つが不規則な勤務状況にあるでしょう。システムエンジニアの場合は、開発だけでなくシステムの管理や不具合の修正も業務の内です。

 システムの不具合は予告して発生するものではありませんから、勤務時間が不規則になりやすい可能性があります。場合によっては昼夜が逆転してしまうケースも考えられます。
勤務の時間が変則的であることで体調を崩しやすいのもシステムエンジニアの特徴に挙げられます。しっかりとして自己管理能力を身に着け、体調を崩さないよう努める必要があります。自己管理を徹底することで生活リズムの乱れを改善して、体調を崩しにくくできるでしょう。

 システムエンジニアの管理職の場合は繁忙期によるプロジェクトの管理でも忙しくなります。何件かのプロジェクトを同時進行する場合、そのスケジュールを上手く組み立てる必要があります。繁忙期にはチーム全体での仕事量が増加します。自分が行うべき仕事も増加しますが、管理職の人はチームメンバーの仕事の進捗状況も把握する必要があるので、忙しさを感じやすいでしょう。
忙しさを軽減するためにはミスを減らすことが重要です。仕事量が多いと焦りが生じて、ミスが増えやすくなり、ミスは時間のロスに繋がります。忙しい状況でミスをすることで時間を消費してしまってはさらに忙しさを感じてしまうようになるでしょう。そういう事態を招かないためにも丁寧な作業と工夫が求められます。